前回の記事で取り上げた豆乳と同じく、大豆を原料に作られている食品が豆腐です。大豆の持つ高タンパク質、低カロリーを受け継いでおり、さらに豆腐にしたことで大豆の時よりも遥かに消化・吸収が良くなっています。

豆腐にはカルシウム、イソフラボン、ビタミン、リノール酸などが多く含まれています。そして味噌汁や鍋でも美味しくいただける定番の食品であるため、ダイエットに活用する際もとっつきやすいと言えるかも知れません。

私は豆腐がけっこう好きなもので、味噌汁や豚汁に野菜類と豆腐をたっぷりと入れ、それだけで夕食にしてしまうというダイエットを行う時があります。その時はお米を抜いている状態なのですが、豆腐をかなりたくさん食べるのでそれほどお腹は空かなくなるように感じられます。また、豚汁などにして食べる場合は、他の野菜もたくさん食べているので、栄養面でも問題ないかな・・と思って実行しています。

さすがに、夕食を豆腐だけ・・というダイエットは危険かなとは思いますが、他のモノもしっかりと摂取しつつダイエットに活用するのは全然アリかなと思っています。私もけっこうやってますし、なかなか良い感じですよ。