今回は豆乳をダイエットに利用してやろう!という記事です。豆乳は管理人「taka」も、たまーにダイエットに活用する飲み物です。

高タンパク質で低カロリーという、ダイエットには理想的な食材である「大豆」を絞って液体化している状態のモノが豆乳です。

大豆ペプチド、オリゴ糖、ビタミン類、カルシウム、サポニン、レシチン、鉄分など、様々な栄養成分を豊富に含む豆乳は、健康面を考えると非常のお勧めの飲み物。豆乳ダイエット自体、様々なメディアで取り上げられるだけあり、健康的にダイエットをしたいという方にオススメなのです。

栄養素が豊富なため、食事の量を少し減らし、代わりに豆乳を飲むという方法が使えますので、ちょっとした置き換えダイエット飲料として使えるんですよね。

さらに上記の成分(それ以外ももちろん)は、美容や血行促進にも役立つとして、女性から特に人気があります。女性で牛乳よりも豆乳を飲む方をよく見かけるのは、そういう理由があるからなのでしょう。最近では男性でも美容関係に興味ある方が増えてますので、豆乳を飲む男性もひょっとしたら多いのかも知れませんね。

さて、豆乳とは言っても種類があります。コンビニなどでは「無調整」と「調整」とに分かれていると思います。

無調整はその名の通り、絞った大豆の濃度を調整せず、そのままの濃い状態のものをいいます。

調整は、人が飲みやすい成分を調整し、糖類などを加えた状態のものを言います。

では、どちらを飲むべきか?

健康面、ダイエットの面で考えると、無調整の方が良いと思います。無調整の方がより多くの大豆成分を含みますし、調整されていないので余計な成分も入っておりません。

ただ、無調整だと味がキツイと感じる方は多いはず。私は比較的平気なのですが、友人で無調整豆乳を飲めない方は多いです。

無理に無調整を飲むことが苦痛でストレスを感じるようであれば、調整された豆乳でも全然良いと思います。どちらも結局は大豆の成分をちゃんと含んでいますので。

豆乳は、管理人がたまに利用するダイエット飲料です。