やたらと高評価な「DHC for MEN」の洗顔料。良い噂を聞くと使ってみたくなるのが心情ってもんです。

ということで実際に購入し、使ってみました。その感想などを詳しく載せたいと思います。

「DHCフォーミング フェース ウォッシュ」に興味がある方は、ぜひとも参考にしてくださいませ。

DHCフォーミング フェース ウォッシュとは

泡で出てくる、肌にやさしいタイプのDHC洗顔料。

2~4プッシュを手に取って洗うだけなので、毎朝の洗顔が面倒だと感じている男性にピッタリです。

無香料、無着色、パラベンフリー。ニキビ予防にも役立つとのこと。

DHCフォーミング フェース ウォッシュを使ってみた感想

容器の形やデザインなどは男性向け。シンプルで格好いいと思います。

DHCフォーミングフェイスウォッシュの写真01

ですが、洗顔料で大切なのは中身です。早速使い心地を試してみましょう。

まずは泡のチェック!

DHCフォーミングフェイスウォッシュの写真02

4プッシュ取った量です。泡立ち具合は、泡洗顔の部類の中ではいたって普通レベル。量もキメ細かさも、ミヨシカウブランドと変わりません。

クリーミィな泡立ちですが、泡のきめ細かさはそれほどではありません。やはり、固形(チューブ)石鹸を泡立てネットを使って泡立たせる方が泡のキメが細かく、泡立つ量も大幅に違いますね。

まあ、泡洗顔のタイプは泡立てる面倒くささがないのが魅力なので、ある程度の質の違いはしょうがないことなのですが。

この量でも顔全体に行き渡るため、十分に洗顔することが出来ます。

では、洗顔しまーす。

DHCフォーミングフェイスウォッシュの写真03

・・

・・・・

・・・・・・

あ~、なるほど、そうきますか。

私は基本的に敏感肌なので、肌に合わないものだと刺激を感じてしまいます。で、「DHCフォーミング フェース ウォッシュ」ですが、ちょっとピリピリしてしまいますね~。

うーん、早い段階でのリピなし決定かな?ただ、それほど強い刺激ではないので、使い続けようと思えば使える範囲です。たぶん、この感じだと使っていくうちに慣れてくる可能性もありますね。

まあ、他の洗顔料も持っているので、今は無理して使わないですけどね。

洗顔後は、皮脂も汚れもしっかりと落ちていますので、顔全体が少し白くなったような気もします。洗浄力はあるのかも知れません。

ただ、そのぶん少し肌がつっぱるようにも感じます。乾燥こそしないですが、公式サイトに書いてあるような保湿も実感することはありませんでした。

泡洗顔なので、ここらへんはしょうがないですね。そのぶん楽が出来るので、これまで洗顔でトラブルを感じることがなかった方に、泡洗顔をお勧めです。

肌へのやさしさや保湿力、泡のキメ細かさを重視するなら、固形かチューブの洗顔石鹸を泡立てネットでしっかりと泡立てる方が良いですね。

何らかの肌トラブルを抱えている方は、泡洗顔ではなくて固形の洗顔石鹸を使っていくことをおすすめします。

DHCフォーミング フェース ウォッシュ まとめ

基本的には泡洗顔の中では『普通』というところでしょうか。ミヨシやカウブランドのものと、それほど違いはありません。

洗顔は出来るだけ簡潔にしたい。面倒くさいのは嫌!

という方に、お勧めできる洗顔料です。

しかし、ミヨシカウブランドと比べると値段が少々高いのがネック。

  • DHC:900円/150ml
  • ミヨシ:651円/200ml
  • カウブランド:714円/200ml

ミヨシやカウブランドの方が半額近い価格で購入できてしまいます。やはり、安い方に魅力を感じてしまうのは自然なことですよね。

なので、今回試した「DHCフォーミング フェース ウォッシュ」については、価格だけを考えるとお勧めすることは出来ません。

ですが、洗面所や風呂場に置いておく際のデザイン性は高いです。格好いいケースをしていますので、そこを重視しての購入なら全然ありです。見栄えが良いので、私もしばらくはお風呂場に置いておきます。気が向いたら使うような感じですかね。

泡洗顔なので楽々洗顔できますし、そういう意味で男性向けとも言える商品かなと思います。


>> DHCフォーミング フェース ウォッシュ【DHC for MEN】