日焼けは火傷と変わりません。痛みを伴うものであり、肌に大きなダメージを与えたりしてしまうものです。

男性は日傘をさしたり、日焼け止めを塗ってからお出掛けする人は少ないため、女性よりも日焼けしやすい傾向にあります。そして、肌が弱い方は日焼けによるダメージが顕著に表れやすく、刺すような刺激やピリピリ感、皮剥けなどに悩まされることも多いのではないでしょうか。私は敏感肌の傾向にあるため、まさに日焼けはピリピリを産み出します。なので、ちょっと焼けるのイヤかな・・と思っています。

このページでは、そんな日焼けによるダメージが気になる男性に向けて、日焼け後のケア方法をご紹介します。


あくまで男性向けのお手軽ケアを書いていますが、女性の方でも十分に活用できる方法だと思います。

とにかく冷やそう!

日焼けしてしまった場合、とにかくクールダウンすることが必要です。水や氷で日焼けした部分を冷やすのが良いですね。ビニール袋に氷と水を入れて、常に冷やすというのもアリです。

また、冷たい水でのシャワーが出来る状況であれば、一番にやっておくことをお勧めします。クールダウンをするかしないかで、大きな差が出てくるものですので。

あと、日焼けすると体が乾燥状態になってしまいますので、冷たい水をたくさん飲むことも重要です。

※ これから日に焼ける予定があるのであれば、「ターマルウォーター」を用意しておくのもいいと思います。かなり使えますので。

アロエのジェルorローションを付ける

クールダウンした後(シャワーした後)は、アロエが含まれている化粧水、もしくはジェルを体に塗りましょう。アロエは日焼け後のケアとしてはとても評判が高いです。肌へのダメージを軽減するために、使用すべきだと思います。

薬局で売っている安いのでも構いません。日焼けをした部分はまんべんなく塗るようにしてください。

活性酸素への対策を

日焼けすると、大量に活性酸素が生まれると言われています。活性酸素は体を老化させる、憎き敵です!病気の原因とも言われています。日焼けのダメージは、体の外側だけではないのです。

体の内からの対策として、この活性酸素に対抗する食べ物・飲み物を摂取するようにしましょう。ポリフェノールやビタミンが多く含まれる食品がお勧めです。

【おすすめの例】
・ぶどう
・トマト
・にんじん
・オレンジ
・かぼちゃ
・各種野菜ジュース

などが良いです。日焼けした当日~2、3日の間は、このような野菜やフルーツを出来るだけ摂取していくのが良いと思います。