男が使いたいヘアワックスとして、チェックしておきたいのが『アリミノ』のワックスです。これ、最近の私の中では外せないワックスとなっています。

良い男になるためのヘアワックス

私が言うのもなんですが、こう言っても過言ではないかと。

実際、多数の美容室で取り扱っている人気のワックスですので、あながち外れてはいないと思います。個人的にも非常にお勧めのワックスです。

とにかく匂いが良い!

アリミノスパイスイメージ01

このワックスの魅力の一つに『匂いが良い』という点が挙げられます。個人的には、これが最大のお気に入りポイントです。

蓋を開けた瞬間の、何とも言えないフルーティーな香りは癖になるくらい良い香りです。青リンゴの匂いというニュアンスがピッタリ合うかも知れません。今まで数多くのヘアワックスを使ってきていますが、この香りを超えるものに出会ったことはありません。間違いなくTOPクラスの香りを味わうことが出来ます。

美容室でこの匂いの良さを気に入り、使い始めたという方も少なくないでしょう。私もそうです。そのくらい魅力的な匂いを、アリミノは持っています。

この匂いは、髪に付けてからも数時間は維持してくれます。とても好感が持てる匂いですので、デートの時には積極的に付けていきたいワックスです。時間が経つと「ほんのり香る」くらいにまで収まってくれるので、相手にとってとても程良いフレグランスとなってくれるでしょう。

香水だと、その匂いの強烈さから気持ち悪くなることもありますが、アリミノの匂いは逆にいつまでも嗅いでいたいと思える匂いです。

匂いに関してちょっと褒めすぎな気もしますが、私はそれほど気に入っているということです。どハマり中です。

整髪力は普通より少し上くらい

アリミノスパイスイメージ02

私は最もセット力の高い「フリーズキープワックス」を使っています。そしてフリーズキープワックスには

「一度固めたら、どんなスタイルでも崩れません」

という表記を見かけることが出来ますが、正直言って整髪力は普通よりも少し上くらいかなという感じがしています。

付け始めこそ少しバリバリしていますが、付けてしばらくするとすぐに柔らかい触り心地になります。ですが「ヘニャッ」となるのではなく、自由に調整できるような柔らかさです。

柔らかいのですが、キープ力はしっかりとあります。時間が経っても、髪が崩れることはあまりないのです。不思議な使い心地のワックスが、アリミノの特徴と言えます。

男女両方使える

アリミノはその香りと柔らかな使い心地から、男性が使っても女性が使っても全く違和感がありません。

髪の長い女性と短髪剛毛の男性とでは使うべき種類は変わりますが、基本的には男女兼用で問題ないと思います。

自分が行っていた美容室でも、男性にも女性にもアリミノを使っていましたので、どちらにも向いているワックスなのでしょう。

ただし、基本的にはケースに描かれている絵が男性か女性かで、アリミノ側が誰をターゲットにした商品なのかが読み取れます。スパイスネオだとハッキリと絵が分かれているのが確認できますので、ここは素直に従っておくのがベストだと思います。

価格は少し高め・・けど

アリミノスパイスイメージ03

アリミノの価格は

35g : 1,200円
100g : 2,000円

と、ちょっと高めの設定となっています。おそらく、薬局で購入できる安めのものと比べた場合、2~3倍くらいの価格となります。

たしかに、普通よりもかなり高いですね。ですが、その価格に見合う価値を十分に持っているワックスです。

高いので毎日は使えないな・・という方でも、大事なデート用に持っておくのもお勧めです。『ここぞ』という時には、付けておいて損はないと思います。

ちなみに、アリミノスパイス(前バージョン)では、35gタイプは「シスターズ」というフレーズが名前に付いています。「シスターズって何だ?」と思っている方もいると思いますので、一応解説しておきました。参考になれば幸いです。

アリミノスパイスと、アリミノスパイスネオの違い

アリミノスパイスイメージ04

アリミノスパイスがリニューアルされて新登場したのがアリミノスパイスネオです。

ネオになったことで何が変わったのか?残念ながら、匂いや整髪力に変化を実感することは私にはできませんでした(あくまでも個人の体験談です)。

変わったのを確認できるのはパッケージとケースだけ。まさか、何も変わっていないのか・・?と思いきや、使用成分が少し変わっていました(例:フリーズワックスとフリーズキープワックスで比較)。

アリミノスパイスで使われていた

  1. ジココジモニウムクロリド(合成界面活性剤)
  2. イソプロパノール(医薬品などの合成原料)

の2つがなくなり、代わりに

  1. テオブロマグランジフロルム種子脂(精製オイル)
  2. シア脂(植物性脂肪)
  3. ビスPEG-18メチルエーテルジメチルシラン(合成界面活性剤)

この3つがスパイスネオに配合されています。

精製オイルやシア脂などの美容成分が新たに加わっているので、髪の健康を考えるとアリミノはスパイスネオを使っていく方が良いようです。

髪質や髪の長さに合わせて選べる

アリミノスパイスネオには基本的なワックスだけで5種類あり、それぞれの髪質に合わせて選ぶことができます。

□ ライトハードワックス

セット力:★★★☆☆ (3/5)
質感  :★★☆☆☆ (2/5)
ツヤ  :★★★☆☆ (3/5)

ショート~ミディアムの髪の方におすすめ


□ ファイバーワックス

セット力:★★★★☆ (4/5)
質感  :★★☆☆☆ (2/5)
ツヤ  :★☆☆☆☆ (1/5)

ベリーショート~ミディアム/軟毛の方におすすめ


□ ハードワックス

セット力:★★★★☆ (4/5)
質感  :★★★★☆ (4/5)
ツヤ  :★★★☆☆ (3/5)

ベリーショート~ミディアムの髪の方におすすめ


□ グリースワックス

セット力:★★★★☆ (4/5)
質感  :★★★★★ (5/5)
ツヤ  :★★★★★ (5/5)

ベリーショート~ショートの髪の方におすすめ


□ フリーズキープワックス

セット力:★★★★★ (5/5)
質感  :★★★☆☆ (3/5)
ツヤ  :★★★☆☆ (3/5)

ベリーショート~ショートの髪の方におすすめ


私は短髪ではないですがフリーズキープワックスを使っています。けっこうガッチリ整髪したいと思っていますので、ワックスはいつも一番固くできるものを選んでいます。そうしないとヘニャるんですよ、私の髪。

同じようにキープ力、整髪力が一番大事と思っている方は、フリーズキープワックスにしておけば問題ないと思います。短髪ではない場合は、一つ下のハードワックスでも大丈夫でしょう。

柔らかい髪の質感を出したい時は、ライトハードワックスが良いと思います。ちょっと長めの髪の方にお勧めです。

また、オイル系のツヤを出したい場合は、グリースワックスが良さそうです。使ったことはないですが、かなり質感を出せそうですので。機会があれば使ってみたい種類です。

アリミノの販売状況について

アリミノは『美容室専売品』であり、美容室で購入するのが基本です。そして一般のお店では置いていないということになっていますが、たまにどこかのお店で見かけることもあります。ドンキで目撃情報が多数入っていますが、置いていない店舗もあるようです。

そしてAmazonでも購入できます。Amazonでの購入は送料無料の上、少し安くなっていますので、通販に抵抗のない方は是非とも利用してみてください。


送料無料の通販は今の所、Amazonでしか見かけられません。他にも安い通販はありますが、結局はAmazonで購入するのが一番安上がりになります(2012年4月現在)。ただし、Amazon内でもワックスの種類によっては送料がかかる場合があります。ご注文の際に送料がかかる種類かどうかをチェックしておきましょう。

>> Amazonでアリミノ スパイスシリーズをチェック
>> Amazonでアリミノ スパイスネオシリーズをチェック